未分類

世界一静かなスターバックスは手話が共通語だった・nonowa国立店

スターバックスコーヒージャパンは2020年6月27日、聴覚障害を持つ従業員さんが主体となる「nonowa(ノノワ)国立店」(東京都国立市)をオープンしました。

このお店が”日本初”と言われるのは、基本言語が手話という点!

基本的に接客は手話が中心となり、注文はタブレットに話す音声入力システムや、筆記指さしメニュー、商品の引き渡しには電子掲示板などを取り入れて、手話がわからないお客さんにも対応しています。

 

手話が主体のスタバの店はアメリカや中国、マレーシアに4店舗ありますがが、日本では初オープン

実は海外では「静かなスタバ」として人気があるとか。
すでに一般的になって、広く知られているるからこその命名ですね。
知らなかったです。お恥ずかしい。

 

実は日本のスターバックスにも聴覚障害を持つ従業員の方はいるのですが、実際の現場では、聴覚障害を持つ従業員は会話重視のコミュニケーションに追いつけず、自分の能力を活かしきれないことが多いのが現実だったそう。

ところが共通言語が手話である店舗では、手話がわかる人であれば聴覚障害者も健常者も同じ立場で、コミュニケーションの遅延も起こることなく従業員誰もが働きやすい環境になりました。

そして、今までは難しかったリーダー職のポジションも、ここでは聴覚の障害に縛られることのないシステムが出来あがったというのは、本当に素晴らしい成果!

この話題で私が学んだのは「声の会話が標準である必要はないのだ!」ということ。

日本語会話を共通言語とする人。
英会話を共通言語とする人。
日本の手話を共通言語とする人。

日本語会話は、多言語のひとつにすぎない。

しかも手話を共通言語とする方が、かえって共有性が高くなってみんなにやさしいなんて、まさにユニバーサルではないですか。

うーん、スタバの革新的なところは、やっぱり企業理念の中にあるんだなあ。と、先日読んだばかりの本を思い出しました。

 

面白かったので是非おすすめです!