貸し出しの多い本

『「空気」を読んでも従わない』みんな仲良く、は現代の呪いの言葉

はじめ見たとき、題名が衝撃でした。

どちらかというと空気を読むことに批判的なタイトルの本が多い中で、「空気を読み過ぎる」でも「空気を読まなくていい」でもない所が、新鮮だったのです。

まず「空気を読むこと」を肯定する。

そして”あえて”従わないという実践的な提案をする。

まさにいつもの鴻上さんの人生相談のスタイルだと恐れ入りました。

もう読むしかない!という見事さです。

1 2