就活対策

就活の参考にしたい!レジェンド松下さんが実演販売士というビジネスを選んだ理由

気になるあの人はやはり高学歴

テレビのショッピング番組だけではなく、情報番組やバラエティ番組にも今や常連のレジェンド松下さん。

東大出身の林修先生にも、マツコ・デラックスにもつぶされることなく、自身のキャラクターを活かしながら、間を縫うように巧みな話術を展開します。

さらりと受け身でいながら、流されることなく軌道に乗せた展開が、それは見事です。

頭の回転の速い人だわ、と見ていたのですが、実は本も出版されていて読んでなるほど納得しました。

実は、しっかりとマーケティングを基礎から学んでいる法政大学経済学部卒の学士号をお持ちの販売士だったのでした。


人の心をつかむ極意

挫折からの気付き

レジェンド松下さんには『人の心をつかむ極意』、『話し方より大切な「場の空気」の説得術』の著作があります。

題名にもありますが、松下さんは「買わせる」ことよりも「いかに心に響かせるか」コミュニケーションをとても大事にした販売を心がけています。

実はここに松下さんの人生の極意があるのです。

松下さんは大学4年時の就職活動でクリエイターに憧れ、テレビの制作の仕事やコピーライターなどマスコミ業界を中心に就職活動をしまるが、ことごとく失敗。大きな挫折を味わいます。

実は大学受験でも一浪していた、ちょっと苦労人の松下さん。

ここでもまた、来る日も来る日も企業からの不合格通知に打ちのめされそうになります。

自分の強みとは

就活でうまくいかない日々に、まさに「この世の終わり」と感じますが、そこで終わるような松下さんではありませんでした。

ふと、実演販売士として活躍する人のインタビュー記事を思い出すのです。

なぜ自分は、この記事に心を打たれたのだろうか?彼は考えます。

どうしてマスコミ業界、特にテレビの世界に行こうと思ったのか、その原点をつきつめて考え続けたのです。

その時思い出したのが自分の強みでした。

昔から話術が抜きんでていた松下さんは、高校時代には上手に要約して解説するので、社会の教科など友人らがこぞって話を聞きたがったといいます。

また球場で飲み物の売り子としてアルバイトしていた時には、あの手この手でユニークな方法を思いつき、通常一日20杯程度の売り上げを10倍の200杯売り上げた伝説もありました。

松下さんは、自分には巧みな話術と行動力、そして販売に対する勘があることを見つけたのです!

1 2 3
合わせて読んでみよう