学校図書館のしごと

学校図書館「カウンター業務」新型コロナウィルス感染予防対策

ここでは「カウンター業務」について、学校図書館の新型コロナ対策としてできることを、SLAの活動ガイドラインに沿って具体的に示します。

カウンターの感染防止対策

・レファレンスなど個別に利⽤者対応をする場合は、ガラスやビニールカーテン等越しに
⾏うか、フェイスシールドなどをつけて、⾶沫感染を防⽌する。対応終了後は、⼿指の
消毒または⼿洗い、うがいをする。

・貸借カウンター前には、Social Distance を⽰す印をつける。

・こまめにカウンターやテーブル、バーコードリーダーや PC などを消毒する。

生徒のカウンター業務について

ワクチンができるなど、国として感染症対策が確⽴するまでは、⽣徒によるカウン
ター業務は控えることが望ましい。

どうしても図書委員などの児童⽣徒が対応する場合は、管理職に相談・確認のうえ、⼿袋やマスク、フェイスシールドを着⽤する、アクリル板やビニールシートを付けるなど、⼗分な対策を講じて⾏う。

カウンターでの貸し出し・返却業務

「図書資料の貸出・返却について」をご参照ください。

学校図書館「図書資料の貸出・返却」新型コロナウィルス感染予防対策ここでは「図書・資料の貸し出し」について、学校図書館の新型コロナ対策としてできることを、SLAの活動ガイドラインに沿って具体的に示します...