おススメの愛読書

「みんな仲良く」は呪いだ。友人関係に悩んだら読んで欲しい3冊

「親友」や「一生付き合える友人」が欲しい

私達はいつ「一生の友」「親友」「たくさんの友達」がいる人生は素晴らしい、という先入観を持つのでしょう?

親や先生の思い出話でしょうか。
ドラマやコミック本の中から?
映画やテレビでも困った時には大親友がどこまでも信じてくれたり、危機一髪で助けてくれたり、一緒だったら怖くない!なんて感涙モノのセリフを言ったりします。

そんな話に感動しながら、ふと現実に戻ると、自分には心から信頼出来る友達なんていないような気がしてしまう人も多いはず。

教室で一緒に行動する友達はいるし、お弁当を食べる友達もいる。でも、見えない将来に不安になった夜に朝まで語り合えるほどの友達はいない…。

一昔前の「白馬の王子様」を待ち続ける乙女のごとく、ありのままの私を受け止めてくれる「幻の親友」を待ち続けている人のなんと多いことか!

王子様(理想の恋人)はいないという現実はとうのに昔に当たり前になったのに、なぜか「理想の親友」だけは今でも信じられているのです。

友達は大切、でも一緒にいると何だか疲れてしまう。
皆といたいし、独りにもなりたい。

この矛盾は、もしかして思い込みに囚われていることが原因…?

『空気を読んでも従わない』で「世間」を学ぶ

周りの目=世間、という考え方

「空気を読む」「KY」など、ここ数年で同調を強いられる言葉が当たり前に使われるようになりました。人の目が気になることから来る、日本人独特の感覚です。

日本社会では「あ・うん」の呼吸を非常に求められます。一歩先を読め、和を乱すな、他人に迷惑をかけるなと育てられてきた暗黙のルールが、まさにそれです。

その「世間」に対して後に生まれた存在が「社会」だ、と著者の鴻上さんは説きます。この本では生きる場所を「世間」と「社会」に二分して考えるところが大変面白い。だから「世間」と「社会」との関わり方を使い分けることによって、よりラクに生きることが出来るよと道案内をしてくれます。

本書の著者、鴻上尚史(こうかみしょうじ)さんのは、40代以上なら非常に聞き覚えのある方です。現在は作家、演出家としてコラム執筆やTV(NHK「COOL JAPAN」現在放映中)などでご活躍中ですが、なんと言っても真骨頂はラジオ!鴻上さんのオールナイトニッポンは当時の10代がこぞって聴いていたものです。

その時からずっと10代の悩みを聴き続けて30年だからこその、鴻上さんの著書です。悲鳴のようなティーンエイジャーの心の叫びを知っているから「空気を読んでも、従わなくてもいいんだよ」という言葉が出てくるのです。

生き苦しさの正体は「同調圧力」

この本の読後1カ月ほど、私はずっと考え続けていました。心の中に「私の世間」というテーマが残っていて頭から離れないのです。

”この場合の「皆」とは、どの世間?“
”この基準は、いつ私の中に生まれたもの?”
”これは何の意味を持った行為?”
自分の行動を思考と照らし合わせて考える日々が続きました。

今、ありがたいことに私には大きな悩みはありません。それでも考え続けていると、いかに自分が世間を意識しながら過ごしているかがわかります。

本の中では、息苦しさは世間との関わり方にあると考えています。

世間の縛りが、友達を中心に自分を考えてしまう。なぜなら「みんなと同じであること」という無言の圧力がそこにあるから。だから自分の個性は取りあえず消しておこう、と思ってしまうわけです。その縛りが、自分の”生き苦しさ”につながっているのですが…。

『友だち幻想』から「人との距離感」を学ぶ

人との距離感という考え方

次に紹介するのは『友だち幻想』です。

この本は今から10年ほど前に出版されたのですが、再び注目が集まって、最近様々なメディアで紹介されています。もともとは中高生向けの新書だったのですが、人間関係に悩む社会人など大人世代がこぞって購入しているという注目の本です。

私が一番心に響いたのは、「人によって、心地よいと感じる距離感が違う」という考え方。生活の中で感じていたことですが、やはり言語化されるとストンと心に落ちてくるところがあります。

ここでは著者である社会学の大学教授が、ゼミの学生との関わり合いの中で実感したことが理解しやすい例えになっています。

いつでも一緒にべったり行動していたい人、付かず離れずが心地よい人…他者から見たら「ほんとに友達なの?」と思えるような付き合い方でも当人達には充分通じ合っていることって、意外に多くあるような気がします。

これは友情だけでなく恋愛感情も同じなのは、たぶん皆さんご存じの通り。同じ感覚同士なら問題ないのですが、違うからこそ「相手に重い存在だと思われ」たり、「相手を遠く感じ」たりするのです。

ここでも前述の『「空気」を読んでも従わない』と同じように、「同調圧力」が出てきます。相手にも自分と同じことを要求する…友情や愛情が強迫になってしまう所以です。

本当は幸せになるための「友だち」や「親しさ」のはずなのに、その存在が逆に自分を息苦しくなっていたりする

まさにこれが、人間関係の悩みの本質と言えるのではないでしょうか。

一人ひとり、価値観は違うから

日本に根強く残る「同調圧力(みんなで同じく)」ですが、昔からのムラ意識=生命維持のための共同体は今は必要ありません。

現在の集団の機能は、群れることで「不安」から逃れるための共同体です。環境は充分昔と変化しているのに、心の根っこの部分ではムラ的な同質性が根強く残っている…これが現状であると言えます。

しかしその同質性で悩む人々が多いということは、同質性を必要としない人が沢山増えてきたということを意味しています。価値観が異なる者、多様な価値観同士が同時に存在する社会、それが現代の社会であり世間です。

だから「気の合わない人とも一緒にいるやり方、傷つけ合わずに並存する作法を学ぼう」という所が、本書からのメッセージです。

これはなかなか難しいことです。気が合わない、好ましくないと感じるのは、感情の中でも最も厄介な「負の感情」の部分。この負の感情と言われる「恨み・反感・嫉妬」は、自分自身でコントロールすることがとても難しいのです。

方法としては「やりすごす」「あえて近づかず、こじれるリスクを減らす」など提案がありますが、結局は自分の中でどう処理するか、一人ひとりのパーソナルの部分の問題です。だからなかなか同調圧力が無くならないのかもしれません。みんな一緒の方が、圧倒的にラクなのですから。

『あなただけの人生をどう生きるか』で私を確認する

3冊目に紹介するのは『あなただけの人生をどう生きるか (ちくまプリマー新書)』です。

これはベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』と同じ著者、渡辺和子さんの書かれた書籍です。渡辺さんの大学学長時代時に、学生たちに向けて語った講演がまとめられています。

主に入学式式辞と卒業式告辞を中心に3部構成になっているのですが、第3章の「どんなときにも大切なこと」が実に良いのです。

寂しさなしに個の確立はあり得ず、孤独をかみしめたことのない者に、他人への真のいたわりとやさしさは生まれない。
(出典:『あなただけの人生をどう生きるか』第三章より)

たくさんの若者たちを送り出してきた教育者としての経験と愛情に満ちたメッセージは、今も人生を深く考えるための言葉として胸に響きます。

渡辺和子さんはカトリックのクリスチャンでもあるのですが、その言葉の数々には宗教を越えた人間の心理をいつも感じます。

私は私のやり方で友達と付き合えばいい

たくさんのコミュニティに属すことの大切さ

“幸せも苦しみも他者がもたらす(『友達幻想』)”とはなんとも歯がゆい言葉です。自分ひとりでいれば傷つくこともありませんが、周りの人と繋がって皆で得る方がより大きな幸せを感じることは間違いありません。

「多様性」や「個を大事に」と叫ばれて久しい昨今です。そろそろ同調圧力も必要ないと、みんな気が付いているのではないでしょうか?ちょうど今は過渡期なのではないかという気がしています。

でももう少し、時代がこうした考えに追いつくまでまでの処置として『「空気」を読んでも従わない』『友だち幻想』の両書で提案している「たくさんのコミュニティに関わって生きていく」のはいかがでしょうか。

この重要性は私も知っています。
とかく世間は狭いもの、そしてどうしても閉ざされがちです。だから飛び出したり抜けたりするのではなく、複数の世間に所属するのです。ひとつの場所で息苦しくなっても(自己否定)、他に楽しく過ごせる居場所があるなら(自己承認)、そこで生きることが出来ます。人はやはり社会的に認められて充実した気持ちになるからなのですね。

学校のクラスでうまくいかない日々があっても、バレエのお稽古の仲間との楽しい時間があったからやり過ごせた女の子。学校に行けなくなっても、小さい頃からずっと通っている英語教室があったから毎日を過ごせた男の子。

大人だって同じです。ご近所付き合いの狭いコミュニティだけでなく仕事場という社会にも属すことや、家族という集団だけではなく趣味のサークルにも属すことなどは、実はとても大事なことなのです。

甘さも苦味も「生きる味わい」として楽しむ

ついつい「人とのつながり」に甘い幻想を抱いてしまう私達ですが、なかなか自分というものをすべて受け入れてくれる相手に出会うことは難しい。人は絶対受容を求めがちですが、価値観が100%同じということはありえません。もし、まるごと同じだとしたら、それは自分しかありません。

だから友だちは自分と同じ価値観を持つ人ではなく、信頼できる他者という目線でみると、もっとラクに考えられるように思います。そして他者との距離感についてもう少し敏感になることが、もっともっと豊かな人間関係を築く手助けになるのではないでしょうか。

最後にまとめとして『友だち幻想』の菅野仁さんの、懐の深い言葉を紹介したいと思います。

ひとは大人になるにつれ挫折を経験しながら、自分の限界や、自分より優れた人物がいることや、自分を過大評価していたことなどの、人生の「苦味」に気付く。しかし、その苦味を味わう余裕が出来てこそ、人生の「うま味」を自分なりに咀嚼できるようになるのだ。「人が生きる」ということは本当にそういうものなのだ。
(『友だち幻想』より)

やはり生きることは難しい。
だからこそ、人生は愛おしいのですね。