学校司書のしごと

『学校図書館のメディア基準』の達成率とは?蔵書は何冊あればいい?

この記事を読んでいるということは、学校司書もしくは司書教諭の方でしょうか?

または生徒児童の保護者の方や地域ボランティアの方など、学校図書館に関心がある方だと思うので…

突然ですが、
蔵書数は『メディア基準』を達成していますか?

というのも、実は自校図書館がまだまだ達成されていないことを数値で知ってしまったから…

かなり落ち込みました…

皆様の学校図書館はいかがでしょうか?

今回は20年ぶりに改訂案が検討されている「学校図書館メディア基準」について書いてまいります。

20年ぶりに『学校図書館メディア基準』改訂を検討中

いま全国学校図書館協議会(以下SLA)では、2000年に制定した「学校図書館メディア基準」の改定案を検討しています。

これは、

新しい学習指導要領
現在の学習内容や活動の変化
近年の出版状況
新たな電子メディアの普及

に対応するための、実に20年ぶりの改訂です。

この20年の変化は、学校図書館にとって目覚ましいものがありました。

特に学校図書館法の2014年6月20日の改正は「学校司書」が明文化された(涙)こともあり、より学校図書館の意義が明確になったように思います。

→改訂版『学校図書館メディア基準(案)』はこちら

そもそも『メディア基準』とは?

ちょっと聞きなれない『学校図書館メディア基準』ですが、これは公立義務教育学校における「蔵書の基準値」のことなんですね。

つまり、小学校だったら図書は最低15,000冊以上、新聞は6紙以上、DVDやCDは200枚以上揃えようね、っていう具体的な数字です。

これは学級数、つまり人数・規模に応じた数式があるので、より具体的に細やかに対応できる数値が出てきます。

メディア=情報の記録。図書+視聴覚、な感じです。

『メディア基準』更新のポイント解説

蔵書の最低基準冊数

蔵書の最低基準冊数は、表の計算式で求められます。

小学校・中学校・高等学校とそれぞれ基本式が違いますので、所属学校を確かめて計算してみて下さい。

2000年に定めた表と比べると、学級数の区分けが小中高と統一され、計算式も単純化されて使いやすくなりました。

小学校

学級数 計算式(冊) 備考
1~6 15000
7~12 15000+700×A A=6を超えた学級数
13~18 19200+600xB B=12を超えた学級数
19~24 22800+5020xC C=18を超えた学級数
25~30 25800+400xD D=24を超えた学級数
31以上 28200+300xE E=30を超えた学級数

 

中学校

学級数 計算式(冊) 備考
1~6 20000
7~12 20000+800×A A=6を超えた学級数
13~18 24800+700xB B=12を超えた学級数
19~24 29000+600xC C=18を超えた学級数
25~30 32600+500xD D=24を超えた学級数
31以上 35600+400xE E=30を超えた学級数

 

高等学校

学級数 計算式(冊) 備考
1~6 30000
7~12 30000+900×A A=6を超えた学級数
13~18 35400+800xB B=12を超えた学級数
19~24 40200+700xC C=18を超えた学級数
25~30 43800+600xD D=24を超えた学級数
31以上 47400+500xE E=30を超えた学級数

蔵書の配分比率

今回の比率の議論の中心になったのは、やはり「9類の文学書」でした。

以前の学校図書館は、機能が「読書センター」のみだったため文学書(小説)比率が大きくなりがちです。

調査では40%以上を9類が占める図書館もあったそう。

それも踏まえて、9類の文学書は
・小学校 約4,000冊
・中学校 約5,000冊
・高校  約6,000冊
の冊数が必要だという結論で、新・分類比率が出来上がりました。

これからの学校図書館は、「学習センター」「情報センター」の機能も果たしますから、調整が必要です。

分類のバランスは学習活動に直結するので、意識して揃えていきたいですね!

小学校の配分比率

0総記 6
1哲学 3
2歴史 16
3社会科学 10
4自然科学 16
5技術 6
6産業 5
7芸術 8
8言語 5
9文学 25
合計 100(%)

 

中学校の配分比率

0総記 6
1哲学 5
2歴史 16
3社会科学 10
4自然科学 15
5技術 6
6産業 5
7芸術 8
8言語 6
9文学 23
合計 100(%)

 

高等学校の配分比率

0総記 7
1哲学 7
2歴史 16
3社会科学 12
4自然科学 14
5技術 6
6産業 4
7芸術 8
8言語 7
9文学 19
合計 100(%)

新聞の購読紙数の最低基準

新聞には全国紙・地方紙・英字紙・専門紙・小中学生対象の新聞などがあります。

部数は関係なく、購読紙数の最低基準を、
・小学校6紙
・中学校8紙
・高等学校10紙
としました。

新聞離れが進んでいる中で、どう興味を持たせるかが課題になりそう。デジタル新聞の活用も。

雑誌のタイトル最低基準

雑誌は継続資料としての雑誌を対象にして、最低基準をタイトル数で示します。

学級数 小学校 中学校 高校
1~12 10 15 20
13以上 15 20 25

視聴覚メディア(CD,DVDなど)

ここでは、再生装置が必要なCDやDVDなどのメディアを対象としました。

小学校

学級数 計算式 備考
1~6 200
7~12 200+22×A A=6を超えた学級数
13~18 332+20xB B=12を超えた学級数
19~24 452+18xC C=18を超えた学級数
25~30 560+16xD D=24を超えた学級数
31以上 656+14xE E=30を超えた学級数

中学校

学級数 計算式 備考
1~6 300
7~12 300+24×A A=6を超えた学級数
13~18 444+22xB B=12を超えた学級数
19~24 576+20xC C=18を超えた学級数
25~30 684+18xD D=24を超えた学級数
31以上 792+16xE E=30を超えた学級数

高等学校

学級数 計算式 備考
1~6 400
7~12 400+26×A A=6を超えた学級数
13~18 556+24xB B=12を超えた学級数
19~24 700+22xC C=18を超えた学級数
25~30 832+20xD D=24を超えた学級数
31以上 952+18xE E=30を超えた学級数

電子メディアの基準数

電子メディアは、紙市場が減少傾向になって電子市場が主流になるのは時間の問題かと思いまますが、現在は紙市場の規模がまだまだ圧倒的に多い。

そこで、現段階では電子メディアの基準数は「蔵書の最低基準冊数の1/10」位と定められました。

「電子メディア」の考え方としては、有料物を対象とし、アプリ、webサイト、動画サイト、データベース、パッケージソフト、電子書籍、デジタル絵本、DAISYなどです。

『メディア基準』をどのように運営に活かすか

数字を見ると、圧倒されそうになるのですが…。

その学校ごとに現状があり、学校メディア基準は努力目標の指針です。

実は最新の調査で、平成28年度(文科省さん、古くないですか…?)の全国の学校図書館の平均は、小学校8,920冊・中学校10,785冊・高校23,793冊です。

これは今回定めた最低基準冊数に対して、小学校は約6,000冊不足・中学校は約11,000冊・高校は約6,200冊不足しているということになります。

我が校だけでなかった…ほっ。ではなく!!

SLAでは「達していない冊数は、10年間を目途に整備を図りましょう」としています。

まずは現状把握して、冊数・配分比率ともに基準に達する指標を作る事が必要ですね。

早速取り組みます!

合わせて読んでみよう